2月パチ収支晒す。

おはようございます。

長い髪を耳にかける仕草をしながら「このバカチンが」って言った経験をお持ちの武田鉄矢な皆さん、いつもご来場ありがとうございます。

リョタウです。

さて今回も毎月1日恒例のパチンコ・パチスロ収支報告回という名の恥さらし回ですw

これだけで負けたんだろうなって大体の予想はつく訳ですな・・・

ご覧あれ↓

3日に大負けをかましてから、まるで「火・水・木は打たない」と決めたかのような結果が出ましたね(偶然)

月曜日は全勝ちしてるな。月曜だけうちに行けばいいんかな?(偶然)

立ち回りを見直す

今までのパチンコ・パチスロの打ち方としてはこんな流れを想像して打ち始めます。

①Aタイプに座り、低投資で1000枚くらい出す。

②出したメダルで荒い機種に移動し、さらに出玉大量追加でウハウハ⭐︎

そのまま実行して負ける時はこんなパターン

①Aタイプに座り、何も起きずに投資が嵩む

②取りかえすべく荒い機種に移動し、何も起きず投資が嵩みギブアップ

パチンコの時は

最初から荒い機種に座ってそのまま死んでいきますw

このままでは草生えてるどころの話ではなくなってしまうので、立ち回りを見直すことにしました。

羽根モノから打ち始めよう

羽根モノとは、パチンコの一種で、確変機能を搭載していない機種です。

確変を搭載していない代わりに、いくつかの手順をもって、Vに入れれば当たり。

極端に言えば

パチンコ玉が二発あれば当てられます。

まぁ正確に言えば、他の荒い機種でも一発で1/319を引けば当たりなんですけどね。それより簡単です。

私が好きな「TOKIO プレミアム」で説明しますね。

簡単ですね。

このような単純な機種なら、一発大儲け!みたいなことはないですが、少ない投資で楽しむことができます。

いっぱい当てれれば20000円分くらいの玉が出せますし、負けても5000円くらいで撤退できるんじゃないかと。

今後の立ち回りが変わる

最初に羽根モノから打ち始めることで、立ち回り方が大きく変わります。

先に書きますが、立ち回りが変わっても絶対勝てるわけではありません。

①羽根モノに座る。※5000円使ったら撤退するものとする。

ルート1:5000円以内に当たって、出玉使って楽しんで帰る。

ルート2:当たらなくても5000円以上は負けない

当たらなかった時、決して熱くならないことが大事ですね。

パチンコは適度に楽しむ遊びです。

身を滅ぼさないように気をつけましょうね。※自分に向けたメッセージ。すでに滅びているかもw

それではまた明日。

体重86.7kg(±0kg)

体脂肪31.6%(±0%)

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。