職員さんと少し揉めた話

ミンガラ ネレーキンパ(ミャンマー語)。なんだか、でけー金歯。リョタウです。

ごめんなさい、今回は愚痴回です。

二日前の記事でも少し書きましたが、11月22日はいい夫婦の日で、婚姻届を出す人たちで行列ができました。

普段の休日ならそこまで人が来ることもないので、全部私たち警備の方で受付して対応してしまうんですが、

流石にその日はたくさん来ることを担当課の職員さんも予想していたのか、「休日専門の属託職員+担当課の職員1人を追加して対応」という形をとっていました。

その分、私たちの手が空いたので、交代して休憩取ってもらったり、お客さんに頼まれれば記念写真を撮ってあげたりしていました。

それがきっかけ。

例えば一組目のお客さんに「写真撮ってもらっていいですか?」と頼まれて撮る。

そうすると後ろに並んでた二組目のお客さんも「うちらもいいですか?」となり、撮る。

それを繰り返していくうちにそのやりとりを知らない6組目のお客さんは「あ、撮ってもらえるんだ」と勝手に思う。

私も「多分、前の組見たらみんな頼むだろうから、このまま部屋に引き下がらないでここにいようっと」と考えました。

そこに担当部署の偉いさん登場

「なんで写真なんか撮ってんの?行列になってんだから2人がかりで対応しなさいよ。」

リョタウ「いや、もう書類確認と本人確認は2人がかりでやってますよ。それに写真頼まれたら断れないじゃないですか」

偉「頼まれたらパネル渡して勝手に撮って貰えばいいでしょ」

だめだこいつは

めんどくさくなった私は

「全部うちらでやってますんで大丈夫ですから、任せてください!」

(うっせーからどっかいけの意)

と言ったらそのお偉いさん

偉「私たちの業務ですから!!」

(たぶん警備員は黙って従えの意)

と言ってどっかに行きましたw

私はいうことを聞かずそのままお客さんの写真を撮り続けました。

そしたらそのお偉いさん、そんな私と行列を横目に

三十分後くらいに帰りましたよw

・・・

ほっほーん!こんだけ並んでるのを目の当たりにしても、帰れる「私たちの業務」ってのは大したもんですのぉ!!

そもそも2人で婚姻届出しに来て、どうやって看板持って写真撮るんですかねぇ!?そう言うならせめて三脚の一つでも用意しとくべきなんじゃないんですかねぇ!?

忙しい時だけひょっこり顔出して、実際の現場知らずに口出すんじゃないでございますよ!!

・・・って思いました。

「怒りをコントロールできる」とか言っちゃったこともありましたが、完全にコントロールできてませんね。すいません。

さて、自分のモヤモヤをネットにぶちまけたところで今日はおしまい!

体重84.5kg(±0.0kg)

体脂肪32.2%(+0.7%)

それではまた明日!

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。