「外見で判断するな」というけれど本当は・・・

チャオ アウム(ベトナム語)。リョタウです。

PS Plusで今月無料でプレイできる「Hollow Knight]が面白くてずーっとやってるため、ブログのネタに困ったので、小池一夫著「ダメなら逃げてみる」から一文お借りして記事を作ります。

「外見で判断することも必要」

外見は内面の一番外側だし、

言葉は心の一番外側なので

見かけや言葉遣いで

その人を判断するのは間違ってない

確かに見た目で判断しないことも大事です。

でも上の文章の通り、外見はセルフプロデュースで、中身が外見に現れるし、常日頃思ってることはいくら隠しても言葉の端々に漏れ出たりしてしまいます。

自分は「誰に」どう思われたいのか?

自分を取り囲む全ての人に全く同じ印象を与えるのは無理ってもんです。

全ての人に同じ印象を与えることは無理ですが、

「誰」にターゲットを絞ればそれはある程度可能です。

会社の取引先の人であれば「清潔感」のあるスーツ等

女性に「おしゃれ」と思われたいなら、ファッション雑誌などでトレンドを取り入れてみる。

長年の付き合いで気心知れてる友人なら、服装は気にしなくてもいいかもしれませんね。

このように服装を決めるときに「誰に会うか」を考えると、自分の印象はある程度コントロールできます。

例えば職場で仲良くなった先輩とプライベートで出かける際に「この人はプライベートもしっかりしてるな」と思われたいなら、上下GALFYのジャージはいただけませんねw

少し極端な例を出しましたw

カワイイ!」って言ってくれる人もいるかもしれないので一概には言えませんがね。

そんな服装の人に、私は身構えてしまいますw

体型や顔面についてはそう簡単に変えれるものではないので、諦めも必要ですが、服装である程度カバーできます(^○^)

目一杯おしゃれしたつもりでも、おしゃれは人それぞれなので「こいつダサっ!」と思われる可能性はありますのでご了承くださいw

体重84.7kg(+0.5kg)

体脂肪31.5%(-0/6%)

それでは見た目で誤解されないよきファッションライフをお楽しみください⭐︎

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。