リモートアカペラの難しさ。

おはようございます。

林家一門の皆さん、いつもご来場ありがとうございます。

リョタウです。

以前にリモートアカペラメンバーに選んでもらって、初めてzoom会議するという記事を書きました。↓

最近動画をあげてませんし、作れてませんが一応Youtuber(w)なので、音声・動画編集役を買って出ました

曲を前奏、Aメロ、Bメロ、サビなど、キリがいいところで区切られたメンバーそれぞれの音声が、当然のことですが私に集まってくるわけですね。

それぞれのリズム感が違う

普段の集まって合わせるアカペラと違って、それぞれが一人で録音しているので、

「空気を読む」

ということができません。

テンポは楽譜通りに歌ってもらえば大丈夫なんですが、細かい部分で微妙なズレがどうしても生じてしまいます。

・入るタイミング

いわゆる“縦”というやつで、例えば、♪パッパッパッパッってコーラスで歌うにしても、これが全員揃ってないと一体感が薄れてしまいます。

それぞれの“拍“の感覚

テンポである程度の長さは揃ってくるんですが、伸ばした音を抜く時、拍終わりまでしっかり伸ばす方、少し余韻がある方、余韻込みで一拍の方と様々です。

・音量

メンバーそれぞれの録音環境、スマホで録るのか、専用のマイクを通すのか、マイクまでの距離はどうか、なかなかそこまで指定することは難しいです。

ではどうするのか?

編集でなんとかするしかない!

ですよねw

私の腕の見せ所ってことですね。

ほんで、途中ですが編集中のものがこちら↓

めっちゃ細切れw

それぞれ送ってもらった音声は4つぐらいなんですよ。

でも、

“縦”を合わせるのに切ってずらしたり、

リードボーカルが早く感じたら、切って後ろに遅らせたり

どうしようもないところは録り直しをお願いしたり(何よりこれが心苦しい)

ここまでやって、1番のサビがやっと終わったところ。って

・・・果てしないな!!

音声が完成したら今度は動画送ってもらって、また編集。

それが終わったら二曲目に突入して、同じ流れ。

果てしないわ!

二曲完成目標は六月。

・・・このペースなら多分無理w

楽しんでやってますけどねw

いいものになるよう頑張ります。

とは言っても、他のメンバーもいるので、Youtubeでお披露目できるかはちょっとわかりませんけど、「こういう苦労があるよ」ってことです。

それではまた明日。

体重85.2kg(-0.5kg)

体脂肪30.9%(-1.2%)

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。