21世紀枠で思うこと。

おはようございます。

「静まれえぇえ〜い!」と言われて素直に静まる皆さん、いつもご来場頂きありがとうございます。

リョタウです。

春のセンバツ甲子園の21世紀枠枠が先日決まりましたね。

21世紀枠とは・・・

 21世紀枠は球児の夢舞台である甲子園出場機会を広げるため、2001年に導入された。練習環境のハンディ克服や地域貢献など戦力以外の要素を加味し、全国9地区の候補校から東日本、西日本各1校、全体から1校の計3校が選ばれるものである!

今年は3校。

福島県 只見高校

福井県 丹生高校

大分県 大分舞鶴高校。

この3校に我が県の高校が入ってるのは大変喜ばしいことです。

ですが、

“戦力以外の要素を加味“した結果、ほとんど勝てないじゃないですか。

過去の21世紀枠の成績は55戦中18勝。最大点差は21点差。

見せしめやん・・・(−_−;)

「絶対甲子園に行ってやるぞ!」の精神で毎日練習に取り組んでる中で、

こうなんと言いますか・・・

「偶然行けるってよ⭐︎😋」

みたいなことって選ばれた高校の生徒は嬉しいんですかね?

出れたらなんでもいいわけじゃないだろ?

甲子園に行けるということは貴重な経験になるかもしれませんが、初戦でボコボコにやられたらむしろトラウマになるんじゃないでしょうか?

初戦は21世紀枠同士がぶつかるようにするとか、そういった工夫があってもいいような気がします。

以上、熱狂的な甲子園ファンを敵に回しそうな内容の記事でしたw

なんか怒らせたらヤバそうだよね。

それではまた明日。

体重85.4kg

体脂肪32.4%

気軽に押してくださればリョタウのモチベが上がり、記事もさらに面白くなるのでwin-winです。

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。