なかなか成果が出なくても続けられる考え方。

おはようございます。いろいろやってるけど、結局、「汗だくになるまで運動」を続けないと痩せねんだろうな。悟りのリョタウです。

さぁ。先月末から昨日まで、「読まれたくないものを書いていた」わけですが、今日はまた本流にもどって行こうと思います。

最近書くことに困ると、横川裕之さん著「思考は文字化すると現実化する」を開いてヒントをもらっています。

その中から成果が出なくて悩んでる方へ。

小さな「できた」に満足してみよう

大きな夢や目標をもっていることは大きな原動力になります。

でも、あまりに大きすぎるとその目標が叶うまで満足できず、「こんなに成果が出なくて続けるのが辛いなら辞めよう」となってしまいがちなもの。

そんな風になってしまう前に、大きな夢や目標の前段階として、小さな「できた」を積み重ねて小さく満足しながら、その次のモチベーションにつなげてみませんか?

今日はいくつ「できる」でしょうか?

どんな小さなことでもいいです。

例えば、会社を辞めて独立を考えている人なら、次どんなことしようか考えることが「できた」、すでに会社を興してる友人に相談することが「できた」などの目標と直結してるものはもちろんですが、

「ご飯を五十回噛んで食べれた」「気持ちよく挨拶できた」のような小学生でもできそうなものまで含めたら、世の中「できた」だらけじゃないですか?😁

上記の本の中ではさらに、

失敗したことですら「できた」に含まれます。

失敗=恥ずかしいこと・やってはいけないことではなく、失敗=学びです。

失敗で得られるものは学び、成功で得られるものは報酬

とてもいい言葉ですw

私たち人間は、失敗してネガティブな感情の時に「もう二度と同じ失敗は起こさない」と学び、何か行動を起こして成功した時に多かれ少なかれど報酬を得るようです。

しかしその報酬も、同じ成功で慣れてしまえばもらえて当たり前になり、報酬も報酬と感じられなくなります。

幾らでも失敗して学んで、失敗して学んで、小さな成功を重ねながら、いつか大きな夢や目標にたどり着きましょう!

体重85.4kg(+0.2kg)

体脂肪31.3%(-1.4%)

それではナマステ(ネパール語とヒンディー語はこれで「おはよう、こんにちは、こんばんは、さようなら」)

気軽に押してくださればリョタウのモチベが上がり、記事もさらに面白くなるのでwin-winです。

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。