謎のネーミングセンス

おはようございます。

授業中、こっそりスマホを覗いている皆さん、いつもご来場ありがとうございます。

リョタウです。

私が、よくパチンコパチスロに行くことは周知の事実ですが、

出玉・出メダルを景品と交換するときに、端数の余玉が残ります。

その余玉はほとんどのパチンコ店で用意してあるお菓子やティッシュなどの生活用品と交換できます。

先日余玉でもらったのはこちら↓

“びっぐどら焼き つぶあん“は確かに大きいし中身も単純明快でわかりやすい。

“お遊び上手“ってなによ?w

三つ揃えてジャグリングでもして遊びましょうか?あ?

いや、でも食べ物で遊んじゃいけませんて教わってきたしな・・・

不思議なキャッチフレーズにセンスを感じますね。

キャッチフレーズとして有名なお菓子といえばこちら↓

※画像お借りしました。

“夜のお菓子“ うなぎパイです。

なんとなく精力アップのイメージがあるうなぎと、キャッチフレーズの“夜のお菓子“が相まって、少しいやらしい感じとして捉えられてしまっていますが、実際は・・・

家族全員が集まるタイミングで、家族団欒の「夜のおとも」として食べて欲しい

そんな思いでつけたネーミングが、違った解釈をされ、定着してしまったようです。

びっぐどら焼きも違う解釈をされ、食べる以外の「お遊び上手」にされないようにと願うばかりですw

非常にあっさりした記事ですねw

それではまた明日。映画モンハン見に行ってくる。

体重85.9kg(+0.2kg)

体脂肪32.7%(+1.2%)

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。