歌子の気持ちが少しわかるおじさん【ちむどんどん】

おはようございます。

増殖して滅びのバーストストリームを防いだクリボーの皆さん、いつもご来場いただきありがとうございます。

※遊戯王作者の高橋和希先生、お悔やみ申し上げます。

リョタウです。

7月7・8日放送分の朝ドラ「ちむどんどん」にて

歌子の人生が大きく動き出しましたね。

歌子が、卒業して最初に就職した会社を辞めてからもはや何年経っているのかよくわからない状態ですが、おそらく三年近く、現在で言うところのニートなわけです。歌子は。

正直、歌いながら水やりしてる余裕はないはずなんですw

歌子自信がどう感じて過ごしているかはわかりませんが。

きっと歌子は「何者か」になりたかったんだろうなぁ。

大きな目標が見つけられずこれまで過ごしてきた歌子

子供の時からの夢であった教師になり、別居してるけど家庭も築いた良子ねぇねぇ

立派な料理人になるべく東京で努力しているのぶねぇねぇ

小さい頃から好きだったさとるにぃにぃは開業して社長になり、どうやらのぶねぇねぇと結婚するらしい(勘違い)。

賢秀は・・・まぁのたれ死んでなきゃいいや。何とかやってるっしょw

自分以外がキラキラして見えて焦る気持ち、リョタウおじさんはわかるなぁw

※あくまでリョタウの個人的な解釈によるものです。

そこに突如現れた民謡の先生。

なれ!歌子!民謡歌手に!

久々登場した片桐はいり先生もきっと草葉の陰から応援しているぞ!(死んでないw)

リョタウと歌子は自分が納得できる「何者か」になれる日が来るのでしょうか?(^_^)

今日は終わり!

それではまた明日。

体重87.1kg(±0kg)

体脂肪31.1%(±0%)

昨日の歩数3453歩

気軽に押してくださればリョタウのモチベが上がり、記事もさらに面白くなるのでwin-winです。

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。