成功したその先に待つものとは?

おはようございます。やっぱり夏は電気代嵩むね。リョタウです。

本日も名言からきっかけをいただきまして、記事を作ります。

そろそろネタ切れはバレてるかも知れませんねw

では本題へ入ります。

「成功というやつもそれを手にしてないまではいろいろと空想をたのしませてくれるものだが、手にしてみるとそれほどじゃない。」

これは水木しげるさんの「紙魚(しみ)」という短編に出てくる言葉ですが、冴えないサラリーマンがあることをきっかけに出世していくものの、そこで感じるのは「あの頃も悪くなかったな」という気持ち。

水木しげるさんもゲゲゲの鬼太郎で大成功したのち、出世や成功よりも平凡な日常を肯定していたそうです。

しかし、僕はこう思います。

それほどじゃない成功を手に入れてみたい。

水木さんの成功は、普通の成功ではなく歴史に残るほどの大成功です。

逆にいうとそこまで行ったからこそ出てくるしがらみや、煩わしいことも出てきたのではないかと思います。

僕はブログで人生底上げして、今より多少豊かに過ごせたらいいなと思ってて、今の目標は「月五万円稼ぐ」ですが、五万より十万、十万より百万とか、ブログだけで生きていけるようにできればいいとか、その可能性は全然あるので、楽しく空想させてもらってますw

でもさすがに歴史に名を残そうとまでは思ってないですw

少しの成功なら虚しくなることなく、次から次へと上を目指していけるんではないでしょうか?

人間の欲望にはキリがないとも言えますがね。

私はまだ富士山でいうところの一合目に足を踏み入れたばかり。

五合目についても恐らく満足しないでしょうね。

頂上まで行けた時、虚しく感じるのか、また別の高い山を目指すのかは行って見ないとわかりませんが、「それほどじゃない成功」をいくつも積み重ねていきたいです!

体重85.6kg(-0.7kg)

体脂肪32.1%(-0.3%)

それではスローンラート(アイルランド語)

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。