ガンダム初心者が見た「逆襲のシャア」

おはようございます。

ロンド・ベルの皆さんとジオン軍の皆さん、いつもご来場ありがとうございます。

リョタウです。

最近はめっきりパチンコしなくなったリョタウですが、

“PF機動戦士ガンダム 逆襲のシャア“が好きだったんですね。

ほんで、先日あまりに暇だったので、prime videoで配信されていた同タイトル“機動戦士ガンダム 逆襲のシャア“を見てみることにました。

しかし、リョタウはガンダムという物語をしっかり見たことがなく、

なんかかっこえぇロボットアニメ

くらいにしか思ってませんでしたw

この時期のアニメ映画の特徴なのか、特に前置きもないまま映画は始まります。

「さぁさ、ここまでの流れは皆さんご存知の通りでございまして・・・」みたいな。

こちとら全然知りませんけど?みたいなw

なんでアムロが、ニューガンダムに乗ってるかもよく分かってません。

最初のガンダムってラストシューティングの後、修理とかせず廃棄?(ちょいちょい知ってるところもある)

まぁいいや。

ここからざっくりこの映画の流れを自分なりに表してみます。

※ガンダムファンの方を怒らせる可能性大ですw

シャアが地球人を粛清するためにアクシズというでっかい隕石を地球に落とそうとする

ブライト船長率いるロンド・ベルという部隊(アムロ所属)がそれを阻止するためにアクシズの内部に爆弾を仕掛ける

火力が強すぎてアクシズが真っ二つに割れ、片方がむしろ加速して地球に突っ込む

アムロがνガンダムで止めようとする(物理的にどうみても無理)。他のモビルスーツも手伝うがなんか弾かれていき、νガンダムだけが最後まで頑張る。

すでに大気圏にまで突入していたのに、サイコフレームとνガンダムがどうたらこうたらで地球から離れていくアクシズ

「アクシズ、進路変更は確実!地球から離れます!!」

サイコフレームの光「ポワワワーン」

終わり

・・・え?嘘だぁw

もっとわかりやすい説明ないの?ポカンとしちゃったよ。

続きまして、この映画での裏主人公みたいな立ち位置でグェス・パラヤという女の子がいます。

こいつに私は終始イライラ。

ブライト船長の息子、ハサウェイと出会い、なんかいい感じになる

シャアの考えに同調し、ロンド・ベルを抜け、シャア率いるネオ・ジオン軍に入る。

ニュータイプの素質が開花

シャアにぞっこん、シャアの恋人ナナイに嫉妬

アムロの恋人チェーンと対峙し「あんたがいなければ、アムロのところに居れたのに!」とか突然言い出す。

誰が好きやねんお前。

チェーンに撃墜されたグェス、それに逆上したハサウェイに撃墜されるチェーン。

※修羅場ね。これによりサイコフレームが発動したっぽい。

アムロとシャアの会話で、グェスは男に目移りしていたわけではなく、シャアに父親の代わりを求めていたことがわかる。

わかるかぁ!!クソガキのくせに「これだからガキは嫌いだ!」とか言いやがって!

え、何?ガンダムって最初っから全部見てないとこんなにわからない話なの?

これからハサウェイが成長した話「閃光のハサウェイ」見ようとしてるの間違いですか?

こんなにわからないんじゃあ、ちょっと入り込めないなぁ・・・

昨日の記事で「見てくれる方に不快な思いをさせないように・・・」って書いたのに、さっそく棘付きでショルダータックルしていくみたいな内容になってしまい大変申し訳ございませんw

それではまた明日。

体重83.8kg(+0.7kg)

体脂肪30.8%(-0.3%)

※アイキャッチ画像はYosefan HarryantoによるPixabayからの画像

気軽に押してくださればリョタウのモチベが上がり、記事もさらに面白くなるのでwin-winです。

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。