歯医者さんて・・・鬼!

おはようございます。

「出逢エール♪」の時に「ダジャレかよ!」と思ったみなさん、いつもお越しくださりありがとうございます。

greeeenの内の1人(自称)、リョタウです。

先日上の歯の歯石取りに行ってきました。

歯石を取ってもらいに行く私のような輩は、歯石を溜めてしまっているわけですから、歯茎の状態もけして良いとは言えないでしょう。

治療してれば出血もしますわな。

それでも「は〜い、頑張ってくださいね〜」なんて子供でもあやすような声で言いながら

手元ではガリガリ脳に響くチュインチュインw

ガリガリされて唸りながら考えるリョタウ。

「歯医者って鬼だな」と。

だって痛がってることはわかっててもなお治療続けるんだもん。

人の痛みをいちいち感じていたら治療なんてできない!

逆に考えてみました。

女医先生にも新人だった頃は必ずあったであろうと。

きっと

「こんな痛そうなこと、患者さんに悪くてできませ〜ん」

みたいな、「ナースのお仕事」で言うところの神田うのポジションの時期もあったことでしょう(断言)

松下由樹のような先輩に「なめとんかこいつ」と思われてきたことでしょう。

それでも歯科医師になると決めて、場数をこなし、治療中のその瞬間は患者さんを苦しめることになったとしても、歯を綺麗にしたいと覚悟をきめたんでしょう。

それを「歯石取って」って頼んでおいて鬼判定するなんて、なんという自分勝手さなのかw

反省反省。

次は1ヶ月後にもう一度歯茎の検査をするとのことで、

「しっかり歯ぁ磨いとけよ」

ってことですよね。

頑張って今の状態をキープします!

それではまた明日⭐︎

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。