「自分」は「他人」でできている

おはようございます。

新年の連休も今日で終わりで「今日が金曜だったら明日明後日休みなのになー」と思いながらも見に来てくださった皆さん、どうもエフハリスト(ギリシャ語)。

実家に帰って豪華な食事三昧、出勤すれば差し入れをいただいてマルマルモリモリのリョタウ(肥)です。

今回は竹村俊助著

「書くのがしんどい」

からネタをいただいて書きます。

自分のことを語ろうとすると…

この本によりますと、

「自分」の中にはなにもない

そうです。

例えば自己紹介をする時に「〇〇県出身で、仕事は〇〇で、趣味は〇〇です」

と、だいたいこんな流れで自己紹介を済ませるでしょうが、

出身地は、産んでくれた両親の話になり、

仕事は、勤めている会社の話になり、

趣味は、使っている道具や所属サークルの話になります。

このように、自分のことを語ろうとすると

他人のことを語ることになります。

つまり、「自分」は「他人」で形成されてることになります。

「他人」を語ることで「自分の輪郭」がはっきりしていくのです。

私に置き換えてみましょう。

出身地は控えますw

仕事は、官公庁の施設警備員で、年末年始や長期連休はむしろ忙しくなります。

ブログは、マナブさんというブロガーさんの言葉に影響を受けて始めました。

趣味はアカペラです。所属しているアカペラサークルは、コロナの影響で2020年中旬から活動できてませんが、今年は活動再開できることを楽しみにしています。

と、

こんなふうに簡単な自己紹介ができました。

皆さんも自分のことが他のどんなところにルーツがあるのか探ってみると新しい発見があるかも知れません(^_^)

それでは今日はこの辺で!

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。