施設警備員が持つほんの小さな特権

おはようございます。

振りかざすだけの権力をお持ちの皆さん、いつもご来場いただきありがとうございます。

リョタウです。

警備員には、警備員であるために心に刻んでおかなくてはならないことがあります。

それは・・・

警備員は特別な権限が与えられているものではないことを重々承知しておくことです。

これは警備業法第15条と言うもので、警備員にとって1番大事なことなのです。

※過去に記事にしてました↓

しかし、そんな施設警備員にも“施設警備員だからこそ得られる特権“があります。

それは・・・

※今回「それは・・・」が多いなw

夜景を独り占めできることです!

特定されそうなので、私の担当施設からの夜景は載せないでおきます。

ス〇〇〇リーや、あべ〇〇ルカスのような、高さでしかアイデンテティを見出せない施設は我が町、又は私の担当施設周辺にはありません(猛毒注意w)

なので、見える方角は限定されるものの、夜の巡回時にはなかなか綺麗な夜景が見下ろせます。

今の時期なら雪に染まる街

pen_ashによるPixabayからの画像

遠くのスキー場と思われる明かり

夏には人混みに揉まれなくても花火が見えたりなんかしてね。

nck_gslによるPixabayからの画像

羨ましいだろぉ?

載せたフリー素材ほどの綺麗さは流石にないですけどね。

私とどんなに親密な関係だろうと、夜に施設にお客さんを引き入れる訳にはいきませんのでご了承ください。

私の担当施設に就職するか、警備員として入り込むかどっちかのみですねw

それではまた明日。

体重84.8kg(-0.1kg)

体脂肪32.4%(+0.3%)

昨日の歩数11263歩

気軽に押してくださればリョタウのモチベが上がり、記事もさらに面白くなるのでwin-winです。

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。