問題11

次は、巡回の主な形態について述べたものであるが、誤りはどれか。

1、巡回方法を主眼とした区分には、従歩巡回、車両巡回等がある。

2、巡回人数を主眼とした区分には、単独巡回、複数巡回等がある。

3、巡回目的を主眼とした区分には、刻時巡回、火元点検巡回等がある。

4、巡回時刻を主眼とした区分には、定時巡回、臨時巡回等がある。

5、巡回経路を主眼とした区分には、屋内巡回、外周巡回等がある。

答えは実務編41P、「巡回の目的 (2)巡回経路を主眼とした区分」

ア 定線巡回
  勤務基準表によって、あらかじめ定められた時刻に行う巡回をいう。

イ 乱線巡回
  巡回経路の指定は行わず、その都度警備員の判断によって、自由な帰路を選択する巡回をいう。

ということで、誤りは選択肢5となります。

屋内巡回、外周巡回は巡回地域を主眼とした区分であるため誤りです。

屋内巡回の定線巡回・乱線巡回

外周巡回の定線巡回・乱線巡回があるということです。

気軽に押してくださればリョタウのモチベが上がり、記事もさらに面白くなるのでwin-winです。

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。