槇原敬之、歌の履歴書[500日連続投稿]

おはようございます。

あの日、地下鉄の改札で、急に咳が出て、涙滲んで止まらなくなった「ANSWER」な皆さん、いつもご来場頂きありがとうございます。

リョタウです。

昨日に続き、槇原敬之さん繋がりの内容となります。

久々の書評ブログです。

小貫信昭著「槇原敬之 歌の履歴書」

この本は、槇原さんの若い頃から、

どのようにして歌手になったのか

誰に影響を受けて槇原さん独自のスタイルが出来上がってきたのか

かの名曲たちはどのようにして作られてきたのか

が分かります。

代表曲「どんなときも。」のサビの部分の歌詞は監督に修正されたものだった。

とか、

「もう恋なんてしない」のイントロは〇〇電気のCMに似てる?

などなど、私のような

毎回アルバムを購入して、たまにLIVEに行く程度のファンではまるで知り得ないエピソードが詰まっています。

また、この本には、槇原さんの曲だけではなく、

YMO

尾崎豊

矢野顕子

SMAP

HOME MADE 家族

など、多くのアーティストの名前と曲の話が盛り込まれております。

「この曲にはそんな要素があるんだなぁ」

とか

「確かにこの曲は、あの曲の影響を受けてるなぁ」

と、

いろんなアーティストと槇原さんの曲を実際に聴きながら読むのも、この本の楽しみ方の一つとなるでしょう。

気になる方はぜひ、読んでみてください⭐︎

それではまた明日。

体重83.8kg(±0kg)

体脂肪31.6%(+0.2%)

あ、全然[500回連続投稿]に触れなかったw

まぁいいや。

※アイキャッチ画像は、本買ったら試供品ビールもらったの図

気軽に押してくださればリョタウのモチベが上がり、記事もさらに面白くなるのでwin-winです。

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。