山上徹也容疑者の半生が映画化?!

おはようございます。

Dを「デー」、Tを「テー」って言う皆さん、いつもご来場頂きありがとうございます。

リョタウです。

衝撃のニュースでした↓

【山上徹也容疑者 安倍氏銃撃事件がスピード映画化! 監督は元・日本赤軍メンバー、なんと国葬当日に公開へ】

https://news.yahoo.co.jp/articles/096fb8f737ea99ad9b2d0be1077348be81ce69c5

はぁ?

旧統一協会と政治家の関係を浮き彫りにさせた山上容疑者を「よくやった!と賛同している意見も一定数いるようで、

山本太郎「れいわ新選組」を応援する会のFacebookでも、「山上徹也は英雄だ!」みたいな投稿を見たことがあります。

しかし、リョタウは

人殺しを英雄視することはできませんね。

どんな理由があれど、人を殺す事は許されないことだし、これを認めてしまえば「最後は暴力に訴えていい」ってことになりかねないじゃないですか。

リンクしたニュースによると、「山上を礼賛するものではなく、作品が山上そのものになるんだ」ってことですが…

意味わからんですね。

山上容疑者の生い立ちに寄り添った映画を見た人は、情が湧いてしまうんではないでしょうか?

「可哀想だね」
「育った環境が悪かった」

そのうち、彼が起こした事件が正当化されてしまうような恐怖を感じます。

本当にこの映画が製作中なのか分かりませんが、実際公開されたら観に行く人は結構いると思います。

話題性で掻っ攫ってく感じもちょっと引っかかるw

あくまでリョタウの個人的意見です。

それではまた明日。

昨日の歩数5760歩

気軽に押してくださればリョタウのモチベが上がり、記事もさらに面白くなるのでwin-winです。

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。