正しさを疑え!!

ブオン ジョルノ(イタリア語)。オムライスの上手な包み方を教えて欲しい。リョタウです。

今回は「悪魔とのおしゃべり」から引用させてもらって、書きたいと思います。

前々回にも書きましたが、この本に出てくる悪魔がいうことは、一見屁理屈に見えてしまうんですが、読み進めていくうちにどんどん納得させられるような、洗脳されていくような感覚に陥ります。

それもこの悪魔がいう「正しさを疑え」の言葉により・・・

罪悪感を感じるのは「正しい教え」のせい

私たちが「罪悪感」を感じるのはどんな時でしょうか?

誰かに嘘をついた時?

後ろめたい事をしてしまった時?

喧嘩して手を出してしまった時?

それぞれ誰しもあると思います。

でも、なぜ罪悪感を感じるのでしょうか?

それは

それが正しいと教わってきたからです。

「嘘はついちゃいけないよ」

「悪いことしちゃいけないよ」

「暴力はダメだよ」

誰しも子供の頃を振り返れば一度は聞いたことがあるでしょうし、言ったこともたくさんあると思います。(中にはその辺のタガが外れちゃっている人もいますが)

例えば、カメレオンは体の色を保護色に変えて、気づかず近寄ってきた虫を「騙して」捕食したりするじゃないですか?罪悪感も感じずに毎日毎日騙し続けてるじゃないですか?罪悪感も感じずに。

だって誰にも教わってないもんねw

だからと言って「嘘をつきまくれ」「犯罪しても良い」と言う意味ではないですよw

「苦しみ」も「正しさ」の副作用

上の項目で挙げたものの他に、私たちが抱える「苦しみ」も「正しい教え」の副作用です。

それはコンプレックスです。

例えば私なら「太っていること」を最初にあげますが、私が苦しいダイエットをするのは痩せている体型が「正しい」と思っているからなのです。

私が勝手に「痩せている体型が正しい」と思い込んでるだけで、そんな私を受け入れてくれるパートナーがいればそんなことはどうでも良いんです。

ただそんなパートナーが見つかってないだけですw

こんな風に我々はいろんな「正しさ」を抱え込んでいます。

抱え込む「正しさ」の数が多ければ多いほど、我々の行動を小さくするので、その分、未来の可能性まで奪ってしまっているのです。

奇跡を「起こさない」ために正しさを教え込まれた?

[空は飛ばない方が正しい] [急に金持ちにならない方が正しい] [苦労して生きる方が正しい] [魔法のような日々じゃない方が正しい]

※全て原文まま

先人たちが上の四つのような「正しさ」を疑ってくれたおかげで、飛行機ができ、宝くじ等で一夜にしてお金持ちになることも夢じゃなくなり、ネットビジネスで不労所得を得て、苦労しなくても生きれる世の中になっています。

魔法のような日々もいつか訪れるような気がしてきます。(どうして実現して良いかは思い付かないけどw)

だから奇跡を起こしたいなら、夢のような生活を送りたいなら「悪」になれ。「悪」とは「正しさ」を疑うことなのだから。

もう一度言います。「悪」になれとは、「悪い事をしろ」と言う意味ではないので、ご了承ください。

それでは今日はこの辺で、さようなら!

体重84.3kg(±0kg)

体脂肪32.3%(-0.1%)

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。