失くしたくない登山中の文化

おはようございます。

助けた亀に連れられて、結果損したことがある皆さん、いつもご来場ありがとうございます。

リョタウです。

昨日の登山中に思ったことから広げて参ります。

さて、タイトルにも書きました“失くしたくない登山中の文化“。

それは・・・

知らない人にも挨拶をすることです。

当ブログを読んでくれている方で、登山したことない方でも知っている方は多いでしょう。

「登山中はすれ違う人にも挨拶をしよう」なんてことは、今年に入って月1で登山している程度の初心者でも持っている超常識。

でもね、いい歳したおじさん・おばさんにも挨拶できない人はいるし、逆にしっかり笑顔で返してくれる少年・少女もいるわけです。

実際、挨拶返してくれる割合は体感で6〜7割ってところでしょうか?

挨拶返ってこなければ「おや?」とか「挨拶できないなんて・・・」ってそりゃ萎えますよ。ほんの少しねw

萎えるくらいなら、挨拶された時だけ返せばいいじゃんって気にもなります。

でもそうじゃないんだなぁ。

どうせ山では電波が入らないことが多くてインターネットなんてほとんど意味ないんだからさ。

すれ違った人には「こんにちわ」と。

同じペースで前を行く人には「どこから来たんですか?」とかなんでもいいから話しかけてみることが登山中の醍醐味とも言えます。

街中を歩く人たちは色々な事情で、喜怒哀楽さまざまですが

山で機嫌が悪い人はいません。

意外と会話がはずむもんですよ(^-^)

それではまた明日。

体重83.0kg(+1.1kg)

体脂肪29.5%(-1.0%)

昨日81kg台に一瞬入ったけど、すぐ戻ったw

押してもらえると頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。